アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |

美白とアンチエイジング

美白とは

肌のアンチエイジングを考えると、美白や美肌は注目されるもののひとつです。現代の女性の関心は、アンチエイジングという言葉にも代表されるように、肌に関する美白のようで、化粧品のCMや女性誌では話題になっています。

年齢を重ねると、しみやくすみが目立つ肌になってしまい、老け顔になりがちですが、若々しい肌は白い輝くものです。

アンチエイジングのための美白とはその名のとおり、美しく白い肌のことをいいますが、皮膚が紫外線を浴びると酵素の働きが活発になり、メラニンという物質ができます。

このメラニンは紫外線から肌を守る働きをしていて、皮膚の新陳代謝とともに排出されるのですが、それが排出されずに表皮ではなく真皮にメラニンが残ってしまうという色素沈着となり、しみとなります。

人の肌は、色白の人とそうでない人がありますが、それはメラニンを作る色素細胞の数はほとんど同じなのに、メラニンをつくる機能が異なるためといわれています。


美白成分 ビタミンC

肌のアンチエイジングを考えたとき、スキンケアは大切なことですが、美白のためのスキンケア成分として、ビタミンCがあります。

ビタミンCは美肌のための万能な成分とされ、抗酸化成分やコラーゲン増加作用など、美白効果以外にもアンチエイジングに有効な作用があります。

肌によいとされるビタミンCは、浸透力の弱い壊れやすい成分でしたが、有効成分の浸透ができ、壊れにくい分子に手を加えたビタミンC誘導体という成分ができました。

スキンケアの美白成分のビタミンCは、メラニン色素がつくられるのをブロックし、淡色にする還元作用があり、即効性が期待できます。

角質や表皮にメラニン色素が残ってくすんだ肌の状態のときや、日焼け後すぐのスキンケアの美白に効果的なビタミンCの成分です。


美白成分 ハイドロキノン

肌のアンチエイジングのための美白のためのスキンケアで、ハイドロキノンという有効な成分があります。

日本の化粧品に配合されるようになったのは2002年からのもので、アメリカでは広く使用されているアンチエイジングのためのスキンケアの美白成分です。

一般的に美白成分といわれるものの多くが、メラニンがつくられることを止めるだけですが、ハイドロキノンはメラニン色素がつくられることに欠かせない成分のチロシナーゼという酵素の働きを抑制し、またメラニンを淡色する還元作用を持っています。

このハイドロキノンは、熱や光に弱く変色したり酵素と結合しやすいため、しっかりと密封し冷蔵庫などでの保管が必要です。また、アレルギー反応を起こす人もありますから、使用する場合は、専門医に相談されることをおすすめします。

※おすすめエステ情報!今ならお得な体験キャペーン実施中!
※エルセーヌ⇒痩身・フェイシャルなどの体験コースが1,050円から ※ミスパリ⇒エステティック ミスパリのエステ体験コース


▼同カテゴリー「 アンチエイジングとスキンケア 」の記事一覧
しわ・たるみとは
しみとアンチエイジング
乾燥肌の保湿対策
美白とアンチエイジング
美白のためのサテジュ
紫外線対策

アンチエイジングの方法

美容整形療法とアンチエイジング

アンチエイジングとスキンケア

アンチエイジング化粧品

アンチエイジングな成分

アンチエイジングとホルモン

アンチエイジングと食事

アンチエイジングとダイエット

アンチエイジングとエステ

アンチエイジングとデトックス

リンク集

 
アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |