アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |

しみとアンチエイジング

しみとは

アンチエイジングを考える人で特に女性は、肌にできてしまうしみを気になさる方が多いのではないでしょうか。

では、肌のしみとはどのようなものでしょうか。

紫外線によって溜まってしまったしみは、そのもとであるメラニン色素が増大して皮膚の中に残ってしまうことをいいます。メラニン色素を作る細胞を刺激してしまうとしみになるとされますが、精神的なストレスや食生活で体質が酸性に傾いてしまうこと、カフェインの摂りすぎなどでもしみができてしまいます。

アンチエイジングでは、しみを薄くしたり、できればなくすることを考えるでしょうが、一度できたしみはなかなか消えないのが現実ですね。それは、細胞からメラニン色素が出され続けているということで、本当であれば皮膚の新陳代謝でしみは消えるはずです。

しかし、一度しみができてしまう構造ができると、少しの刺激でもメラニン色素が出されてしまうようになります。しみを薄くしたいのであれば、刺激を止めることを考えるべきで、しみにとってはまず、紫外線を浴びないようにすることがアンチエイジングにつながることです。


しみの改善法

紫外線による原因が多いしみですが、アンチエイジングを考え、しみの改善法を探ってみましょう。

まず、紫外線を浴びないために日焼け止めを塗ることが大切で、朝の外出時に塗り、一日に何回も塗りなおす必要があるでしょう。帽子やサングラス、日傘は外出の必需品です。また、女性であれば美白成分の化粧品を使うことも考えましょう。

肌には、ビタミンCが有効だといわれますが、それはチロシナーゼという酵素によって酸化反応が促進され、黒くなったメラニン色素を還元させる作用があることからです。メラニン色素は、もともと無色透明です。

しみの黒くなる原因のチロシナーゼの働きを抑える物質は、プラセンタエキスや、桑のエキス(そうはくひ)、アルブチンなどがあります。また、積極的に食事やサプリメントなどでビタミンCを摂るように心がけましょう。

アンチエイジングでのしみの改善法は、日常生活の中からできる紫外線から考えてみましょう。


しみのスキンケア

しみが出来てしまった肌のスキンケアについて考えてみましょう。

化粧落としのクレンジングは、肌にファンデーションなどの化粧品が残らないように落としますが、刺激のある洗い方はやめて優しく洗い流しましょう。

洗顔は洗顔料をよく泡立て、優しく泡で洗ってください。その後、こすらないように水をかけるようにすすぎ、肌をこすらないように水分をタオルでふき取ってください。

洗顔後は、しみに効果的とされる美白成分のある化粧水を使います。乾燥するのもを防ぐように化粧水はたっぷり使いましょう。

毎日のしみにとってのスキンケアの最後は、乳液やクリームで化粧水の蒸発を防ぐことを考えてください。

アンチエイジングとしてのしみのスキンケアは、紫外線を浴びないことと同じように大切なことです。

※おすすめエステ情報!今ならお得な体験キャペーン実施中!
※エルセーヌ⇒痩身・フェイシャルなどの体験コースが1,050円から ※ミスパリ⇒エステティック ミスパリのエステ体験コース


▼同カテゴリー「 アンチエイジングとスキンケア 」の記事一覧
しわ・たるみとは
しみとアンチエイジング
乾燥肌の保湿対策
美白とアンチエイジング
美白のためのサテジュ
紫外線対策

アンチエイジングの方法

美容整形療法とアンチエイジング

アンチエイジングとスキンケア

アンチエイジング化粧品

アンチエイジングな成分

アンチエイジングとホルモン

アンチエイジングと食事

アンチエイジングとダイエット

アンチエイジングとエステ

アンチエイジングとデトックス

リンク集

 
アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |