アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |

肌再生作用成分とは

肌を若々しく保つためには、肌再生作用成分の助けが必要になります。では、肌再生作用成分とはどのようなものなのでしょうか。

肌再生作用とは、さまざまな刺激によって弱った肌の、本来の再生力を取り戻すことを助ける成分のことです。

もともと人の肌は新陳代謝によって肌が新しく生まれ変わりますが、ダメージを受けたり年齢を重ねたりすることでその再生力は落ちてしまいます。そのような肌には再生力を助けるための成分が入った化粧品を使う必要があります。


肌再生作用成分 レチノイン酸

アンチエイジングのためのスキンケアで、レチノイン酸は、肌を再生する作用のある成分です。表皮の細胞分裂を早めて、肌のターンオーバーを促すことのできるビタミンA酸であるレチノイン酸により、表皮の厚みを増し、角質層を薄くしていくというアンチエイジングのための肌を再生する作用があります。

そうすると、角質層が薄くなる代わりに表皮細胞の一つ一つは水分を含み大きく厚くなるのです。その結果、表皮細胞のメラニン色素は分散して、しみやソバカスが目立たなくなります。

また、真皮層のコラーゲンを活性化させ表皮のヒアルロン酸の成分を増やすことで、肌をみずみずしくさせます。

レチノイン酸は皮膚の細胞の核に直接働いて代謝を促進させることができます。

その結果、皮膚の一番外側の細胞である角質がはがれて、より若くて生き生きした細胞(表皮細胞)が表に出てきます。表皮に潤いを保ち、小じわを防ぐコラーゲンの分泌も促します。

アンチエイジングを考えても、肌再生作用のあるスキンケア成分レチノイン酸を使用したいと思いますが、作用が強く肌への負担が大きいので、専門医の指導の下での使用が可能です。

アメリカでは外用薬とされますが、日本ではまだ薬としての販売が認められておらず、医師が自家製剤として調合していますのでご注意ください。


※おすすめエステ情報!今ならお得な体験キャペーン実施中!
※エルセーヌ⇒痩身・フェイシャルなどの体験コースが1,050円から ※ミスパリ⇒エステティック ミスパリのエステ体験コース


▼同カテゴリー「 アンチエイジングな成分 」の記事一覧
肌再生作用成分とは
保湿成分とは
抗酸化成分とは
サプリメントについて
カルシウム、タウリン
プエラリア、コエンザイムQ10
L-カルニチン、ナイアシン
プラセンタ、ノニ

アンチエイジングの方法

美容整形療法とアンチエイジング

アンチエイジングとスキンケア

アンチエイジング化粧品

アンチエイジングな成分

アンチエイジングとホルモン

アンチエイジングと食事

アンチエイジングとダイエット

アンチエイジングとエステ

アンチエイジングとデトックス

リンク集

 
アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |