アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |

ホルモンとは

ホルモンとは

アンチエイジングのために、女性にとってホルモンバランスを保つこと、整えることが大切ですが、そのホルモンとはどのようなものでしょうか。

ギリシャ語で、呼び覚ますもの・興奮させるもの・刺激するものといった意味を持つホルモンですが、体内にある細胞でしか作られない化学物質で、70種類以上存在しているといわれます。
脳の視床下部や甲状腺、卵巣などの内分泌腺で生産され、貯蔵され、刺激に応じ血管から分泌されるものです。

また、代謝の調節を行い、それぞれのホルモンは各細胞や器官の働きをコントロールします。このホルモンの働きは、身体の健康を考えるアンチエイジングにとって大切なものでしょう。

ホルモンの成分は大きく2種類あり、アミノ酸を原料とするものは甲状腺ホルモンやアドレナリンなど、非たんばく質を原料とするものは、卵巣や副腎皮質から分泌される性ホルモンです。

ホルモンは、男性ホルモンと女性ホルモンとそれぞれの働きがありますが、アンチエイジングのためにはこの働きをよく理解し、バランスを保つことが大切ではないでしょうか。


男性ホルモンと女性ホルモン

ホルモンバランスを整え保つことは、アンチエイジングのためにも大切なことですが、男性ホルモンと女性ホルモンの違いは何でしょうか。

男性ホルモンは副腎や睾丸で作られ、筋肉質な身体やたんぱく質を筋肉や内臓に変える助け、皮脂の分泌、体毛の発育などの働きをします。

女性ホルモンは卵巣で作られ、丸みのおびた体のライン、生理や妊娠のコントロール、肌や髪を美しく保つ、骨を丈夫にする、自律神経の安定、食欲を抑制するなどの働きをします。

アンチエイジングを考えればホルモンの働きは、重要なものであることがわかります。

女性の卵巣でも男性ホルモンは作られ、何と体内にある女性ホルモンの量の10倍といいます。男性の弱男性ホルモンが変化し女性ホルモンが作られますが、体内の女性ホルモンの量は女性に比べて半分程度だそうです。

アンチエイジングのためにホルモンバランスを整え保つことは、女性だけに限らず考えなければいけないことのようです。

※おすすめエステ情報!今ならお得な体験キャペーン実施中!
※エルセーヌ⇒痩身・フェイシャルなどの体験コースが1,050円から ※ミスパリ⇒エステティック ミスパリのエステ体験コース


▼同カテゴリー「 アンチエイジングとホルモン 」の記事一覧
ホルモンとは
DHEA(副腎皮質ホルモン)とは
大豆イソフラボン
ホルモンとアトピー

アンチエイジングの方法

美容整形療法とアンチエイジング

アンチエイジングとスキンケア

アンチエイジング化粧品

アンチエイジングな成分

アンチエイジングとホルモン

アンチエイジングと食事

アンチエイジングとダイエット

アンチエイジングとエステ

アンチエイジングとデトックス

リンク集

 
アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |