アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |

アンチエイジングな食品2

アンチエイジングを考えた食事には、やはり和食がいいのではないかと思いますが、その中でも魚類ははずせないものではないでしょうか。

魚には様々な症状への効果があるといわれますが、それはドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)などの成分があることからでしょう。

その効果は成人病予防やアレルギー防止、老化防止などたくさん挙げられています。

また、魚の油を構成する脂肪酸エイコサペンタエン酸(EPA)は、血小板の凝固を防いで血液をサラサラにするそうです。

アンチエイジングのためにも、身体の中の血液からきれいになりたいものです。毎日の食事に魚を取り入れることは、アンチエイジングのためにもよいことですが、魚の中でも青魚といわれるいわしやさば、さんま、あじなどはダイエット効果もあるといわれています。

ただし、ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)などの不飽和脂肪酸は、酸化の進行が早いので、魚の鮮度が落ちると有害な物質に変化してしまいます。
アンチエイジングのための食事に、魚を選ぶ時には目が澄んで弾力がある新鮮なものを購入して、鮮度が落ちないうちに食べるようにしましょう。


にんにく

健康食品として、多くのものが販売されているのがにんにくです。

にんにく特有のにおいのもとはアリシンという物質で、ビタミンB1の体内への吸収をよくしてその作用を増加させるものです。

日本では薬用として栽培されていたもので、滋養強壮、強精薬として用いられてきたといわれています。

現在のアンチエイジングという人気と同じく、にんにくも料理に広く使われていて、家庭での食事にも多く取り入れられるようになりました。

血栓を作りにくくする作用があるにんにくは、成人病の予防、老化防止やガン、動脈硬化、糖尿病などにも効果があるといわれています。

にんにくは身体全体の健康を考えるアンチエイジングにとって、大変効果的な食品といえるようです。

世界各国で古代から、人の食生活である食事に欠かすことのできなかったにんにくを、これからのアンチエイジングのための生活に取り入れ、健康を維持していきましょう。

※おすすめエステ情報!今ならお得な体験キャペーン実施中!
※エルセーヌ⇒痩身・フェイシャルなどの体験コースが1,050円から ※ミスパリ⇒エステティック ミスパリのエステ体験コース


▼同カテゴリー「 アンチエイジングと食事 」の記事一覧
アンチエイジングな食品1
アンチエイジングな食品2
食事療法と食事改善

アンチエイジングの方法

美容整形療法とアンチエイジング

アンチエイジングとスキンケア

アンチエイジング化粧品

アンチエイジングな成分

アンチエイジングとホルモン

アンチエイジングと食事

アンチエイジングとダイエット

アンチエイジングとエステ

アンチエイジングとデトックス

リンク集

 
アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |