アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |

食事療法と食事改善

食事療法

フランスのショーシャード博士は、食事を含むニュートリション(栄養療法)を視野に入れて、アンチエイジング療法を提唱しています。

ショーシャード博士の理論とは、「品質や性質の高い食品を選び、正しい食事を心がけ、それに加えてサプリメントを摂取、これらが正しく行われることで免疫力が高まりアンチエイジングにつながる」というものです。

この理論に基づいた食事療法を実践しているクリニックが香港にあります。そこではまず、患者の方に合った食事療法を知るために、アレルギーを引き起こす食品を調べる血液検査を行い、アレルギー反応の出た食品を食事から排除します。

さらに、抗酸化物質(ビタミンA、C、E、セレニウム)と不飽和脂肪酸のサプリメントを摂取する指導をし、3ヵ月後にはDHEA(副腎皮質ホルモン)の数値に劇的な変化が見られたそうです。

このDHEAの減少が老化による身体的、また精神的衰えにつながると、研究者の間では考えられています。

この食事療法は、アレルギーを起こす自分の身体に合わない食品を排除することで、今までの食事に付け加え、身体の細胞の健康をよりよく保ち、アンチエイジングにつなげることができるものとされています。

食事改善

アンチエイジング医療の医師や美容業界から注目されているニコラス・ぺリコーン博士は、細胞レベルに起きる炎症を防ぐことを提唱しました。細胞の炎症を食事を改善することで防ごうというものです。

毎日の食事で気をつけることとして、血糖値の急上昇を抑えるためにGI値(ブドウ糖を100とした場合の血糖上昇率)の低い食事を摂取すること(新鮮なフルーツや野菜、豆などの彩のいいもの)や、たんぱく質の質を上げる(豆腐や魚、貝など)、健康に良い油を摂る(ナッツや魚、オリーブオイルなど)、抗酸化作用のある飲み物を飲む(緑茶など)、水を8〜10杯飲むを挙げています。

またその他に、マルチビタミンやミネラル、αリポ酸、ビタミンCエスター、CLA、L-チロシン、コエンザイムQ10、カルニチン、オメガ3オイル、カロテノイドなどのサプリメントの摂取もすすめています。

食生活を見直し、このように食事改善を行うことが、細胞の炎症を防ぎ、アンチエイジングにつながることとなると提唱されています。


※おすすめエステ情報!今ならお得な体験キャペーン実施中!
※エルセーヌ⇒痩身・フェイシャルなどの体験コースが1,050円から ※ミスパリ⇒エステティック ミスパリのエステ体験コース


▼同カテゴリー「 アンチエイジングと食事 」の記事一覧
アンチエイジングな食品1
アンチエイジングな食品2
食事療法と食事改善

アンチエイジングの方法

美容整形療法とアンチエイジング

アンチエイジングとスキンケア

アンチエイジング化粧品

アンチエイジングな成分

アンチエイジングとホルモン

アンチエイジングと食事

アンチエイジングとダイエット

アンチエイジングとエステ

アンチエイジングとデトックス

リンク集

 
アンチエイジング事典TOP | アンチエイジングの方法 | 美容整形療法とアンチエイジング | アンチエイジングとスキンケア | アンチエイジング化粧品 | アンチエイジングな成分 | アンチエイジングとホルモン | アンチエイジングと食事 | アンチエイジングとダイエット | アンチエイジングとエステ | アンチエイジングとデトックス | リンク集 |